雪でも転ばない歩き方。

滑って転ぶサラリーマンのイラスト最近の雪の影響で、全国各地で事故や渋滞が起きていますね。
慣れてない地域の人は、特に大変だと思います。
車もいつスタッドレスに変えたらいいのか、チェーンは必要な状況なのか。
判断は難しいですよね。

それに慣れていない地域の人は、雪でよく滑って転ぶんですよね。
そもそも雪の日にも普段を変わらないそこがツルツルの靴を履いていたら、転ぶにきまてるような気もしますが雪で転ぶ人と転ばない人の違いは歩き方にあるんですよね。
自分の場合は、おばあちゃんの家が東北地方で雪の季節は毎年遊びに行っていたんです。
冬に雪があるのは当たり前の生活で、おばあちゃんに転びにくい歩き方を教わりました。
それはなるべく歩幅は狭く狭く、靴の裏の一部で歩こうとしないで全体で歩くことをイメージします。
そして小さく行進してるみたいに、サクサクサクッと膝を曲げて上下に歩く感じです。
滑りそうな道を歩くのが嫌だから、さっさと行ってしまおうと急いで歩こうとすると余計に転びやすくなってしまうので焦らずゆっくり歩くこともポイントです。

滑って転ぶなんて、なんてことないだろうと思っていても転び方や打ちどころによっては大怪我をすることもあります。
雪の日は焦らず注意して歩いてくださいね!